NEWSニュースリリース

パイプライン増強の為のプッシュ型セールスマーケ施策『DORIRU Boost』を2月開始/社数限定でリリース!

受注に繋がるACVが高いであろう未接点顧客との顧客獲得施策で月間150アポ/商談を創出

DORIRU株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 小林 竜大、以下「DORIRU社」)は、パイプライン増強の為のプッシュ型セールスマーケ施策『DORIRU Boost』を2月開始/社数限定でリリースすることをお知らせ致します。

■背景
マーケティング経由の楽勝案件である指名検索系や顕在的な課題を持っている(導入まで短期間)企業との商談ばかりに慣れてしまうことで、アウトバウンドやプッシュ型施策で獲得した潜在層との商談にアサインされると有効商談化や受注率の面で苦戦することが多い。いずれ楽勝案件や顕在的な課題を持っている企業からのお問い合わせは鈍化するため、そうなった場合の対策でチャネルを拡張する際に受注率が思うように伸びずトップライン創出に苦労してしまう。パイプライン増強のために「今すぐ客」以外の対象企業との商談を創出することで売上規模拡大に向けて、効果的なセールスマーケ戦略〜実働による支援で売上拡大に貢献します。

■顧客獲得における課題


【課題①】新規顧客獲得の難しさ
より効果的なリード獲得手法や顧客へのアプローチ手法を模索する必要がある。

【課題②】マーケティング戦略の改善
競合他社も同様にマーケティング活動を行っている。効果的なマーケティング戦略を立案し、競合他社との差別化を図る必要がある。オンライン広告や展示会への出展など、より効果的なマーケティング手法を模索する必要がある。

【課題③】新規開拓営業力の強化
WEB広告や展示会などを通じたオンラインマーケティングやリード獲得の強化を図っているが、競合他社も同様の取り組みを行っている。そのため、営業力の強化が求められる。

■DORIRUの特徴
①なぜ安定的な商談創出が出来ているのか?

【テクノロジーによる業務の自動化】
DORIRU自社開発のセールス実働ツール「DORIRU Cloud」で、非効率な業務や手動で行っている業務をシステムに全て置き換えて、本来時間をかけるべき業務に注力出来る環境を整えることで実働の効率化を実現している。

②実働メンバーの育成はどうしているのか?

【セールスイネーブルメントが出来るNOBIRU】
アウトバウンド・BDRに特化した育成コンテンツを動画とテキストで集約しており、参画前の事前学習から専任トレーナーをアサインし徹底指導で、どのメンバーでも安定的な成果が出るようにスキルの平準化を図っている。

③なぜDORIRUがいいのか?

【プロジェクトを成功に導くディレクションスキル】
創業から一貫してアウトバウンド・BDR事業を展開しており、支援実績も多く、これまでの実績をベースにナレッジを全て集約しマニュアル化した上で横展開。商談化の定義やCVポイントの設計、スクリプトの精緻化など専門スキルを備えたCSによる案件ディレクションでプロジェクトを成功に導く。

■アウトバウンド・BDR施策におけるメリット
・ピンポイントアプローチが可能で案件のディールサイズコントロールが可能
・セールスが強い競合企業より早く接点を作る
・広告では手が届かない中堅〜大手へのリーチ
・営業体制強化による案件数最大化

■マッチする企業の事業フェーズ特徴
・連続的な成果実現に向けた市場開拓戦略を求めている
・売上高成長率を第一優先に考えている上場後のSaaS企業
・パイプライン増強のためのセールスマーケ施策を推進している

■プッシュ型セールスマーケ施策『DORIRU Boost』サービス内容
提供開始日:2024年2月〜 ※1月上旬までに申込み必須
支援領域 :ハウスの掘り起こし・白地へのアウトバウンド
支援詳細 :月間約10,000件コール(目安:アポ/商談数150件以上)※保証ではございません
料金   :要相談
支援社数 :8社まで

■無料オンライン相談はこちらから
下記2名のいずれかのリンクより日程調整可能です。
飯田:https://doriru.co.jp/doriru/online-consultation/
印南:https://doriru.co.jp/gigsales/online-consultation/

◾️会社概要
社名 :DORIRU株式会社
設立 :2017年3月
代表者:代表取締役社長 小林 竜大
所在地:東京都渋谷区恵比寿1丁目19-19 恵比寿ビジネスタワー8階
事業 :BtoBセールス支援事業/セールステック事業

本件のお問い合わせはこちらから
https://doriru.co.jp/contact/